【剣盾シーズン24使用構築】マリルリの相棒を探す旅!~ホワイトキュレム軸サイクル~【最終順位669、レート1831】

 

f:id:white_kanayan:20211201132105j:plain

 今シーズンからダイマックスありの禁止伝説ルールが帰ってきました。飽きたけど新たな可能性を模索するため、ザシアン、黒バド、ディアルガパルキアルナアーラと様々な伝説ポケモンと試した結果、上手くいったシーズン17で使用していたホワイトキュレムでよくね?改善していくとシーズン17と同じ並びに。持ち物と技構成が微妙に変わっているから少しは成長している()。

f:id:white_kanayan:20211201132051j:plain

1構築経緯
 C170族からタイプ一致フリーズドライを使えるポケモンが弱い訳がないのでホワイトキュレムで頑張る。環境トップの伝説ザシアンに弱くならないように、スカーフホワイトキュレムを採用。削れたザシアンをクロスフレイムで倒す。
 削り役にゴツメランドロス、キョダイラプラスに対する時間稼ぎ&サンダーにそこそこ強いおだやかヒードランを採用。
 日食ネクロズマ、受けループの対策として、ダイウォール持ちのハチマキ悪ウーラオス、ここまでで激重のカプレヒレや、水タイプ全般に強く、あくび対策もできるカプコケコを採用。
 壁展開の対策にほろびの歌マリルリを添えてパンティの完成。

 

2.個体紹介

マリルリ

f:id:white_kanayan:20210302174854j:plain

性格:いじっぱり 特性:ちからもち

持ち物:しんぴのしずく

実数値

H191 A112 B101 C× D14 S83

努力値

H124 A252 B4 D28 S100

アクアブレイク じゃれつく アクアジェット ほろびのうた

調整意図

H

16n-1

A

・ダイストリーム+雨アクアジェット

無振りダイマ黒バドレックス→黒バドレックス、

H252ダイマサンダー→サンダーを確定1発

HB

ようきウーラオスのハチマキ雷パンチ確定耐え

ようき珠エースバーンのダイジェット確定耐え

HD

C169C↑1ウツロイドのメテオビーム確定耐え

S

4振りポリ2抜き抜き

 

ぼくの考えた最強の配分をしたマリルリ

ホワイトキュレムの次にダイマックスすることが多かった。しんぴのしずくは水技の威力を1.2倍にする持ち物。ダイストリーム+アクアジェットをする際に、こだわりハチマキよりも火力がでる。耐久がギリギリのため、いのちのたまは持てないこともあり、しんぴのしずくが最適解だと考えた。

 相手のダイマックスに合わせる必要があるが、ダイウォール→ダイストリーム(ダイフェアリー)→ダイウォール→アクアジェットという動きでイベルタル、サンダー、黒バドレックスなどに勝てるため、読みレベルが高ければ強いポケモン。ホワイトキュレムで殴り負ける相手に強いのが素晴らしい。

 ダイウォール用の技は、ほろびのうたを採用。バトン対策はもちろん、壁張りオーロンゲを倒した後にジオコントロールを積んでくるゼルネアス、耐久ホウオウやルギアにほろびのうたを打つ動きが強かった。

 ブリブリ(ダイパリメイク)の環境ではくそ強そう。

 

ホワイトキュレム

f:id:white_kanayan:20210301090036j:plain

性格:おくびょう 特性:ターボブレイズ

持ち物:こだわりスカーフ

実数値

H201 A× B110 C222 D120 S161

努力値

H4 C252 S252

フリーズドライ クロスフレイム だいちのちから シャドーボール

 調整意図

H

ラッキーの地球投げ4耐え(意味ない)

C

フリーズドライで無振りダイマランドロス確定1発、H振りランドロス低乱数1発(31%)

HD

ひかえめ珠サンダーのダイジェット確定耐え

S

最速

 

 本パーティの主軸。Sは90族に伝説ポケモン多数、91族にランドロスがいるため、最速安定。これでS148のザシアンだけでなく、黒バドレックスやフェローチェも余裕で抜けている。

 おくびょうで火力補強アイテムがないため、他のポケモンで削ることが必須となる。対ザシアンは後述するランドロスを後投げしてゴツメダメージを入れて気合でクロスフレイム圏内にいれる動きをする。

イベルタルのダイバーン意識でDに振ったザシアンに耐えられた時は泣いた。ぴえん。イベルタル対策のついでに耐えられる風評被害が発生したため、可能な限り削ってからクロスフレイムをうつ立ち回りを意識。ザシアン入りの構築への勝率はかなり高かった。

 C170あるが、黒バド対策にシャドーボールを採用。ミミッキュの化けの皮を貫通して打てるのも強かった。ラプラスにダイアースを連打してザシアンをけん制しつつ時間を稼げるだいちのちからもよかった。

 りゅうせいぐんを切っているのはメタモン対策というより優先度が低かっただけ。シャドーボールかだいちのちからをりゅうせいぐんに変えるのはなくはない。

 ゼルネアス、ホウオウ入りに選出しない。結局こいつが一番使いやすい。

 

霊獣ランドロス

f:id:white_kanayan:20210301085916p:plain

性格:わんぱく 特性:いかく

持ち物:ゴツゴツメット

実数値

H195 A166 B156 C× D101 S112

努力値

H244 A4 B252 D4 S4

じしん がんさきふうじ とんぼがえり ステルスロック

調整意図

HB 

ようきザシアンのきょじゅうざん確定2耐え

 

 ザシアンに1万回後投げした。回復技がないため、何度も繰り出せるわけではないが、ゴツメを2回発動でお仕事終了のため問題ない。
 ウーラオスやエースバーンにもゴツメで削ってホワイトキュレムで仕留める動きが強かった。じしんより、とんぼがえりした回数の方が多かったまである。
がんせきふうじを外した記憶がない。こいつは面接で「潤滑油です」と言っても許される。

 親の顔より見たおっさん。

 

ヒードラン

f:id:white_kanayan:20210301085903p:plain

性格:おだやか 特性:もらいび

持ち物:たべのこし

実数値

H193 A× B132 C150 D154 S115

努力値

H212 B44 D108 S140

マグマストーム だいちのちから ちょうはつ みがわり

 

H

たべのこしの回復効率が奇数で最大の16n+1

HD

C1おくびょうムゲンダイナのメテオビーム+ダイマックスホウ×2をたべのこし込みでほぼ耐える(確認したら確定じゃなかったわ)

 S

準速バンギ抜き

 

ムゲンダイナ、ラッキー対策。マグマストーム3連続外しでTOD負けもあったが、総合的な確率でいえば75%以上当ててくれた気がする。みがわりで壁ターンを枯らし、ちょうはつでギミックを仕込んでいる相手には強かった。
家でこいつと会うのは避けたい。

 

カプ・コケコ

f:id:white_kanayan:20210301085900p:plain

性格:いじっぱり 特性:エレキメーカー

持ち物:きあいのタスキ

実数値

H155 A183 B105 C×  D95 S173 

H76 A252 S180

かみなりパンチ アイアンヘッド とんぼかえり ちょうはつ

 調整意図

 

A

ぶっぱ

S

最速ゾロアーク抜き()

 

 でんきタイプは環境トップにサンダーがいるが、エレキフィールドであくび対策、悪ウーラオス、サンダーに強い点で、コケコを評価した。また、ちょうはつでホウオウ、ルギアのめいそうを止めてもらう。
 パーティーで辛いカプレヒレアシレーヌ、ホウオウ、ルギアあたりの相手をしてもらった。またバンギやミミッキュにそこそこ強く出たいのので物理型にした。持ち物は         初手・コケコをしたときにザシアンにワンパンされないようにきあいのタスキ。ワイルボルトはタスキを潰してしますのかみなりパンチを採用。

 ちょうはつはダイウォール用だが、ここはでんじはでもいい。そうしよう。

 

ウーラオス(いちげきのかた)

f:id:white_kanayan:20210301085858p:plain

性格:ようき 特性:ふかしのこぶし

持ち物:こだわりハチマキ

実数値

H175 A182 B120 C× D81 S163

努力値

A252 D4 S252

あんこくきょうだ インファイト ふいうち ねごと

 

 日食ネクロズマ、黒バドレックスを削り、ホワイトキュレムが苦手なバンギラス対策として採用。ふいうち+ホワイトキュレムフリーズドライでスカーフカイオーガを倒せるのも強かった。

・ねごとについて

 弱点保険日食ネクロズマ対策のダイウォール用です!

1日食ネクロズマに後出し、ネクロはりゅうまいorめいそう

2ラオスダイウォール、ネクロダイスチル

3ラオスダイナックル、ネクロダイスチル(S判定)

4ラオスダイウォール、ネクロダイスチル

5S勝ってればあんこくきょうだで勝ち、負けてれば択になるが不意打ちでキュレムクロスフレイム圏内になる。

こんな感じ。ダイマして強いポケモンではないが、ダイウォールを絡めると割と強い、ダイウォールはごだわっていないアピールにもなる。ねほととして使ったことはなくこらえる、ちょうはつとかでもいい。そうしよう。他になんかいい補助技あるかなあ。

 

3.総括

 トレーナーネームはまべみなみちゃんにちなんで373位を目指して頑張ります。ドラマに映画に大活躍中の浜辺美波から今後も目が離せない。熱愛報道が出ても、何があてっても俺は味方だ!。あとまいんちゃん朝ドラおめでとう。好き。

【剣盾シーズン22使用構築】マリルリの相棒を探す旅!~ボルトローブのおっさんサイクル~【最終順位705位、レート1909】

 

f:id:white_kanayan:20211001220723j:プレーン


シーズン22の最終順位は705位でした。 先月からダイマックスなし禁止伝説ポケモン1匹使用可能のルールでしたが、パーティーの完成が月末になってしまい、浜辺美波ちゃんの熱愛報道で心もやられました対戦数が少なかったので来月はもう少し上を目指したいです。

YouTubeに動画も後日に公開予定ですので、是非見てください! (動画ではメタモン→化身ランドロス

f:id:white_kanayan:20211001220626j:プレーン

 

1.構築経緯
先月ホワイトキュレムやザシアンで結果を残せなかったため、マリルリと相性が良いとされている黒バドレックス軸でのパーティーにしてみた。
わるあがきによる抜き性能、タスキによる行動保証が安定して強いタスキ黒バドレックスを軸に、取り巻きのポケモンで黒バドレックスの苦手なポケモン達の対策をした。
中でも今ルールでミミッキュが数を減らしていること、ダイジェットが存在しない環境であることから、黒バドレックスの天敵のポリゴン2等をまとめてカモにできるローブシンに着目した。
また、ザシアン受け、相手の壁やステロを阻害できるポケモンとしてゴツメきりばらいハッサムの採用。
カイオーガやサンダーに強く、ポリゴン2にも負担をかけられ、電気と地面の一貫を切れるチョッキ霊獣ボルトロスを採用。
残りのゼルネアス対策や黒バドレックスがメタモンにパクらた時の対策のできるスカーフ枠としてメタモンを採用しパーティーが完成した。 マリルリはとりあえず鉢巻まいとけ。


2.個体紹介

マリルリ

f:id:white_kanayan:20211001220614j:プレーン

性格:いじっぱり 特性:ちからもち
持ち物:こだわりハチマキ
実数値
H191 A252 B4 C× D104 S83
努力値
H124 A252 B4 D28 S108

アクアブレイク じゃれつく アクアジェット ばかぢから

H16n-1

A
特化

HB
ハチマキウーラオスのかみなりパンチ確定耐え

HD
C169ウツロイドのC↑1メテオビーム耐え

S
4振りポリ2抜き抜き

最強の相棒ポケモン。 安心と信頼のいつもの配分。 後述の黒バドレックスの苦手な悪ウーラオスポリゴン2バンギラスバルジーナを倒せる。 対伝説では黒バドレックスが苦手なイベルタルには確定で選出、あえて岩ないようにしていたが、パーティーに岩技がないため、ホウオウにも選出していった。
素早さを83まで伸ばしているが、バンギラス(S無振りで81)の上をとれないことが多かったのが厳しかった。
ダイマックスがない中の鉢巻アクアジェットの縛りは有能であった。
マリルリのデコキャラシールどこに貼るか悩んでます。


黒バドレックス

f:id:white_kanayan:20211001174131j:plain

性格:おくびょう 特性:くろのいななき
持ち物:きあいのタスキ
実数値
H175 A× B101 C217 D120 S222
努力値
B4 C252 S252

アストラルビット サイコショック リーフストーム わるだくみ

S
最速

禁止伝説枠、弱点の悪、ゴーストタイプが4倍弱点で苦手なポケモンがはっきりしている。 苦手なポケモンへの交代が読みやすいので、勇気を持って交代読みができるが重要な択ゲーポケモンだと感じた。
後出ししてくるHDポリゴン2にわるだくみを合わせればサイコショック2発で倒せたり、わるだくみリーフストームH振り程度のバンギラスなら倒せる。 リーフストームは、相手の後続にメタモンがいるときに、あえてとくこうをダウンさせて、雑魚黒バドレックスをパクらせるオシャレムーブができたためオヌヌメそれでもくろのいななきでCが上がった後にスカーフメタモンにパクられるのがきつかった。

環境トップの伝説ポケモンのザシアンを上から殴れ、対面で負けないのが強い。
バドレックスではなくマリルリをレイスポスに乗せたい。


ハッサム

f:id:white_kanayan:20211001173955j:plain

性格:わんぱく 特性:テクニシャン
持ち物:ゴツゴツメット
実数値
H177 A150 B167 C× D101 S85
努力値
H252 B252 D4

バレットパンチ とんぼがえり きりばらい つるぎのまい

HB
特化

いじっぱりA+1ザシアンのきょじゅうざん+インファイト高乱数確定耐え

ザシアン受。、ハッサム交代読んでほのおのキバしてくるザシアンは知らん。 ミミッキュを見られる唯一の枠。
A無振りでもテクニシャンバレットパンチでちょっとした削り、とんぼがえりでのサイクルができるのが他の物理受けよりも優秀。
バドレックスのきあいのタスキを大事にしたいため、ステロ、壁、まきびし、ねばねばネットを消せるきりばらいの採用がハマった。
性格をのんきで素早さに下降補正をかけた、のんき逆Vの最遅にするとカバルドンのあくびを受けた後にとんぼがえができるが、素早さを失うほうが嫌なことが多いからやめた。
新作では新しいストライクの進化が出るようだが、虫岩タイプでは厳しそうだ。 ハッサムこそ至高。


 

霊獣ボルトロス

f:id:white_kanayan:20211001174011p:plain

性格:ひかえめ 特性:ちくでん
持ち物:とつげきチョッキ
実数値
H175 A× B90 C212 D116 S121
努力値
H164 C220 D124

ボルトチェンジ かみなり あくのはどう きあいだま

C
無振りカイオーガをかみなりで高乱数1発(68%)

HD
おくびょうスカーフカイオーガの雨しおふきを最高乱数以外耐え

重な役割はカイオーガ、黒バドレックス、イベルタル、ホウオウ、サンダー、カプレヒレ等の特殊に強く出られるとつげきチョッキで採用。
きあいだまポリゴン2バンギラスに1発あてれば後続の黒バドレックスでなんとかできたりするので避けては通れない、俺はきあいボーラー。
対サンダー対面は余裕があるのでかみなりを打ちまくった。
上記の通りvsスカーフカイオーガに対しては色々数値が足りていないのが惜しいが、それでも強かった。
相手の黒バドレックスやメタモンのC+1アストラルビットも耐えてあくのはどうで返り討ちにしてくれる。
このポケモンのモチーフを考えたらかみなり必中で当てて欲しいものであるが、安定して強く、めちゃくちゃ選出した。 これはいいおっさん。


ローブシン

f:id:white_kanayan:20211001173937p:plain

性格:いじっぱり 特性:こんじょう
持ち物:かえんだま
実数値
H201 A211 B115 C× D97 S65
努力値
H164 A252 D92

ドレインパンチ マッハパンチ じしん れいとうパンチ


HD
ひかえめC252黒バドレックスのアストラルビット確定耐え

今構築のMVP。 ダイジェットがない環境で5世代の格闘王が帰ってきた。
特性はどれも優秀だが、あくびループ、受けループの毒、せいでんきサンダーに触る機会が多いため、こんじょうが優秀な気がした。
黒バドレックス対策のため、ポリゴン2が100%選出されるため、交代読みでローブシンポリゴン2対面をつくり、かえんだまを発動する展開が強かった。
ザシアン交代読みじしん、サンダー交代読みれいとうパンチが特に刺さった。 HBサンダーはれいとうパンチで倒せないがじしんを警戒せずにはねやすみをしてくるため、削れたサンダーにはぼうふうを恐れずじしんを選択していった。
対受けループについてもムゲンダイナの起点にならず、かえんだまのおかげで毒がきかず、ドヒドイデに強い。 エアームドバルジーナもはねやすみのタイミングで格闘タイプが弱点にになるため、受けループにも強い。
使用率圏外のおっさんだが、パパ活してもらいました。

メタモン

f:id:white_kanayan:20211001174003j:plain

性格:いじっぱり 特性:かわりもの
持ち物:こだわりスカーフ
実数値
H155 A110 B68 C✖️ D69 S68
努力値
H252 A252 D4

へんしん

B〈D


相手の伝説ポケモンパクるマン。 だいたいザシアンかカイオーガになる。
こちらの黒バドレックスが相手のメタモンにパクられた時、こちらもメタモンを出すと仕様の問題で「メタモンはへんしんした姿のメタモンのコピーができない」ため、スカーフでこだわったアストラルビットをメタモン本体でタイプ受けした。 その後は相手のPPが切れてわるあがきをするまでこちらはへんしん連打、相手が交代してきたら交代先にへんしんできるムーブが強かった。 がしかし、内訳してくるメタモンも多くて泣いた。
こいつの弱いところは展開が読めないこと、他のポケモンがスカーフでないこと前提で相手に動かれること、そのデメリットを受け入れてもなお強いポケモンだった。
性格はメタモンミラーを考えるとPPが切れた後に後攻でわるあがきをする目的でゆうかんのS逆Vが一般的だが、ゆうかんすら用意する時間がなかった。
とりあえずダウンロード対策とわるあがきの火力を上げるためにA特化した。
メタモンの鳴き声を文字にするとチチモモ。 なんかエッチ。 チチよりモモが好き。

基本選出
黒バドレックス ローブシン 霊獣ボルトロス
伝説+ポリ2+サンダーみたいパーティーが多かったため、この選出が安定した。

3.感想

どのパーティーも黒バドレックス対策は何処かに必ずしかけられているため、選出が読みやすみかった。 しかし読めていてもジャンケンに勝たなければいけない場面が多く 、黒バドレックスは難しいポケモンだと感じた。 択ゲーが好きな人にはオススメ。
このルールは来月まであるので、違う伝説で組み直す気力はあんまない。 メタモンの枠は一考の余地あり。
熱愛報道もありましたが、浜辺美波ちゃん応援し続けます! 写真集楽しみだぁ!

TN:はまべみなみ

f:id:white_kanayan:20211001220728p:plain

【剣盾シーズン19使用構築】マリルリの相棒を探す旅!~よくばり型バンギラス~【最終順位911位】

かなやんです。シーズン17以来の投稿です!

シーズン19の最終順位は911位でした(TN:はまべみなみ)。パーティの欠陥を修正できる時間がなく悔しい結果でした。月の残業100時間を余裕で超えてたらそら無理よ。とりあえず個体の記録は残しておく。

f:id:white_kanayan:20210702123139j:plain

f:id:white_kanayan:20210702123152p:plain

 

 

個体紹介

マリルリ

f:id:white_kanayan:20210302174854j:plain


性格:いじっぱり 特性:ちからもち
持ち物:しんぴのしずく
実数値
H191 A252 B4 C× D104 S83
努力値
H124 A252 B4 D28 S108

アクアブレイク じゃれつく アクアジェット ほろびのうた

H16n-1

A
特化
ダイストリームでHBカバルドンを高乱数(93%)1発

HB
ハチマキウーラオスのかみなりパンチ確定耐え

HD
臆病サンダーの珠ダイサンダーをダイマ状態で確定耐え
C169ウツロイドのC↑1メテオビーム耐え

S
4振りポリ2抜き抜き

最強のポケモン
初手カバルドンをダイストリームで飛ばした後に、サンダーのダイサンダーを耐えるように調整した。いのちのたまを持つと反動で耐久が足りなくなるため、しんぴのしずくを持たせた。
ダイストリーム後のダイストリームの威力は半端なく、ダイウォールを絡めて雨アクアジェットを打てるのも強かった。
ほろびのうたは、ダイウォール媒体になり、壁やバトンに強くなれるのがいいね!

 


サンダー

f:id:white_kanayan:20210702095435p:plain


性格:ひかえめ 特性:せいでんき
持ち物:こだわりメガネ
実数値
H191 A× B106 C194 D111 S126
努力値
H204 B4 C252 D4 S44

10万ボルト ぼうふう ねっぷう ボルトチェンジ

H16n-1


C
H252D↑1、D↑2カプレヒレを残飯込みで、10万ボルトで確定2発

S
S↑1で最速エースバーン抜き

今作の最強ポケモン。カプレヒレに後投げしてめいそうやムーンフォースによるCダウンを引いても負けないようにこだわりメガネで採用。はねやすめはありえないwwww
実際メガネでもねっぷうきってはねやすめ入るのもなくはない。せいでんきのワンちゃんもあるしこいつは強い(確信)

 

霊獣ランドロス

f:id:white_kanayan:20210301085916p:plain


性格:わんぱく 特性:いかく
持ち物:ゴツゴツメット
実数値
H195 A166 B156 C× D101 S112
努力値
H244 A4 B252 D4 S4

じしん がんせきふうじ とんぼがえり アイアンテール

パーティでミミッキュが重いため、アイアンテールを採用した。剣舞ミミッキュに後投げだと押し負けるが、アーゴヨンマリルリアクアジェット圏内にはいれてくれる。
水ウーラオスはともかく悪ウーラオスのハチマキあんこくきょうだはいかく無視されるから無理ぽよ。

 


ヒードラン

f:id:white_kanayan:20210301085903p:plain


性格:おだやか 特性:ほのおのからだ
持ち物:ラムのみ
実数値
H193 A× B126 C151 D159 S115
努力値
H212 B4 D148 S140

マグマストーム だいちのちから ちょうはつ ねむる

S
準速バンギ抜き

 

受けループ対策。食べ残しだと地球投げしてくるラッキーに押し負けるので、怒りの眠る採用。ドヒドイデ相手に状況によってはTODを仕掛ける。ポリ2 のれいとうビームで凍りまくるのでカゴのみではなくラムで採用。ポリ2 にもらいびトレースされると何もできないので特性はほのおのからだに。フェローチェトリプルアクセルに後投げしてやけどさせるゲームはたまらねえ。


バンギラス

f:id:white_kanayan:20210702095141p:plain


性格:いじっぱり 特性:すなおこし
持ち物:たべのこし
実数値
H207 A191 B135 C× D121 S83
努力値
H252 A156 B84 D4 S12

ロックブラスト れいとうパンチ のろい ステルスロック

H
食べ残し最高効率

HB
ようきミミッキュの珠じゃれつく確定耐え

†よくばり型バンギラス†。サンダーに強く、ポリ2 ラッキーで止まらないポケモン、ステロまでまいてくる子を探した結果この子が選ばれました。甘えた剣舞ミミッキュをロックブラストでわからせる。普通に負けるけど起点にはならない。こいつがMVPだったまである。なくはない。


アーゴヨン

f:id:white_kanayan:20210702095258p:plain
性格:ひかえめ 特性:ビーストブースト
持ち物:こだわりスカーフ
実数値
H151 A84 B93 C195 D94 S171
努力値
H20 A4 C244 D4 S236

ヘドロウェーブ りゅうせいぐん だいもんじ とんぼがえり

 

H

50N+1

 

S

最速ウツロイド抜き

 

スカーフ持ちの多いウオノラゴン、ガラルヒヒダルマに負けないスカーフ枠としての採用。ラッキーのちきゅうなげを3回耐えるが意味はない。ひかえめにすることでS↑1エースバーン、ダイマ状態でエースバーンが抜けなくなるが、ビーストブーストでCを上げたほうがスカーフと噛み合う。初めて使ったがバリ強かった。

 

 

感想

ラプラスで全員死ぬ

マリルリ以外マンムーで全員死ぬ、氷タイプが無理

・草技がない、ラグラージに起点を作られやすい

これらの課題が解決しなかったので、まずは残業時間減らしましょう。

浜辺美波ちゃんかわいいからDカード始めよう。

 

 

【剣盾シーズン17使用構築】マリルリの相棒を探す旅!~ホワイトキュレムとぶんまわすマリルリ~【最終順位389位、922位レート1898】

 

f:id:white_kanayan:20210501171833j:plain
かなやんです。シーズン15以来の投稿です!
2月から3ヶ月間の竜王戦ルール(禁止伝説ポケモンを1匹まで使用可能)、その最後のシーズン17(令和3年4月)にて最終順位389位を達成しました。

シーズン15で773位達成した際に、美波ちゃん(TN:はまべみなみ)にちなんで373位狙うふざけた目標としてましたが、ちょっと惜しくて草。

2月からポケモンの並びは以下の前回記事と同じですが、https://white-kanayan.hatenablog.jp/entry/2021/03/02/125430 環境に適応するために色々と改造したので、改めてパーティを紹介しよう。

f:id:white_kanayan:20210501175006j:plain

 

1.構築経緯
ザシアン、カイオーガ入りの人気のパンティパーティに安定して勝てていたが、苦手な黒バドレックス入りのパーティとのマッチングが多かったため、選出率の低いマリルリに対策として「ぶんまわす」を仕込んだ。これにより伝説上位3匹に対して高い勝率で勝てた。

 

2.個体紹介

マリルリ

f:id:white_kanayan:20210501171806j:plain

f:id:white_kanayan:20210501171757j:plain

性格:いじっぱり 特性:ちからもち
持ち物:とつげきチョッキ
実数値:
H201 A252 B4 C× D106 S71
努力値:
H204 A112 B4 D44 S4
技:
アクアブレイク じゃれつく アクアジェットぶんまわす

H

ラッキーの地球投げ4耐え

A
ダイアークで無振りダイマックス黒バドレックスを確定1発

HB
HD欄の調整をした上でなるべく高くなるように留意

HD
ひかえめ黒バドレックスのダイソウゲン+ダイソウゲン(グラスフィールド下)をグラスフィールドの回復込みで96%耐え
おくびょうカイオーガの威力150潮吹き確定2耐え

S
4しか余らねぇ

 

最強のポケモン。今世代からはたきおとすが没収され、教え技うっぷんばらしも取得でしきず、まともな悪技を失った。ゲーフリ許せぬ。しかし逆に言えば悪技を警戒されないというメリットにもなり、ぶんまわすマリルリに着目した。
ぶんまわすは今作からマリルリが習得した新技だが、シングルバトルでば威力60の効果なしのゴミ技である。それでも悪技4倍弱点の黒バドレックスにはこれで十分であり、まず警戒されることがない。悪ウーラオスと違って黒バドレックスが交代するということがなく、舐められているそこを逆に狩ることができるのが強かった。ダイアークのDダウンは後続のホワイトキュレムへの繋ぎにもなった。
ぶんまわすを採用してから黒バドレックスにあたるまで55戦かかった。(なお選出はされなかった模様)確率がイかれてやがる。

 
ホワイトキュレム

f:id:white_kanayan:20210501171817j:plain
性格:ひかえめ 特性:ターボブレイズ
持ち物:こだわりスカーフ
実数値
H201 A× B110 C244 D120 S147
努力値
H4 C252 S252

フリーズドライ りゅうせいぐん クロスフレイム だいちのちから

C
ダイアイス無振りミミッキュを確定1発
フリーズドライで無振りダイマランドロス確定1発、H振りダイマランドロス高乱数1発(93%)

 

HD
ひかえめ珠サンダーのダイジェット確定耐え

S
準速
最速ザシアンと同速


本パーティの主軸。ゴツメランドロスで削ってスカーフクロスフレイムでザシアンを狩っていくのが狙い。
最速ザシアンより耐久ザシアンか多かったため、最速ザシアンと同速となってしまうが、性格をおくびょうからひかえめに変更した。今月ザシアンに上をとられて殺されたのは1回だけだったため、これは正解だった。そもそも50%の同速勝負で俺が負ける訳がない。
C実数値244を上から広範囲で打てるのは癖になるわね。Sは90族に伝説ポケモン多数、91族にランドロスがいるため、これのポケモンのSが一段階上がった時に上を取れなくなる緊急事態があるため一長一短。
ポリゴン2、ラッキーには何もできない。あいつらおかしいよ。

 

霊獣ランドロス

f:id:white_kanayan:20210301085916p:plain
性格:わんぱく 特性:いかく
持ち物:ゴツゴツメット
実数値
H195 A166 B156 C× D101 S112
努力値
H244 A4 B252 D4 S4

じしん がんさきふうじ とんぼがえり ステルスロック

HB
ようきザシアンのきょじゅうざん確定2耐え

 

ザシアンにゴツメを触れさせるマン。ザシアンに100万回後投げした。ランドロスは回復技がないため、ザシアンへの受けだしは1回しかできないがホワイトキュレムいればそれで十分。

エースバーンやウーラオスのタスキを削ったり裏方に専念させたしてくれた。ダイジェットなくて強い、何しても強い。見た目以外完璧。


ヒードラン

f:id:white_kanayan:20210301085903p:plain
性格:おだやか 特性:もらいび
持ち物:たべのこし
実数値
H193 A× B127 C150 D159 S115
努力値
H212 B4 D148 S140

マグマストーム だいちのちから ちょうはつ みがわり

H
たべのこしの回復効率最大の16n+1

HD
C1おくびょうムゲンダイナのメテオビーム+ダイマックスホウ×2をたべのこし込みで確定耐え。

S
準速バンギ抜き


主に特殊受け。ムゲンダイナ、ゼルネアス、その他害悪対策。珠サンダーのダイジェットに対しても後投げで勝て、ラプラスのキョダイセンリツに後投げしみがわりでターン数を稼ぐなど躍動した。コードネームGは家の侵入口を塞げば中に入ってくることはない。しっかり対策しよう!

 

 

カプ・コケコ

f:id:white_kanayan:20210301085900p:plain
性格:ようき 特性:エレキメーカー
持ち物:こだわりハチマキ
実数値
H155 A167 B105 C✖️ D96 S190
努力値
H76 A252 D4 S182

1かみなりパンチ アイアンヘッド ブレイブバード とんぼがえり

H
余り

C
エレキフィールド下ダイサンダーでH振りダイマホウオウ確定2発(マルチスケイルなしならルギアも同様)

S
最速エースバーン抜き。

 

仮想敵がホウオウ、ルギア、カプレヒレアシレーヌのため、性格おくびょうで使っていたが、ようきの物理型に変更。特殊型や機転作成型が多いので物理は全く警戒されなかった。
Sは最速にしてもエースバーンされ抜ければいいので、少し耐久に回した。これによりラッキーの地球投げを3回耐え、ダイマ状態でスカーフカイオーガの雨しおふきを耐えたりしたので素晴らしい配分だった。
対サンダーにも強く、エレキフィールドであくび対策もできる、もっと評価されていいポケモン
顔が完全にコナンの犯人。


ウーラオス(いちげきのかた)

f:id:white_kanayan:20210301085858p:plain
性格:ようき 特性:ふかしのこぶし
持ち物:きあいのタスキ
実数値
H175 A182 B120 C× D81 S163
努力値
A252 D4 S252

あんこくきょうだ インファイト ふいうち ちょうはつ

 

ストッパー役。月食ネクロズマ、黒バドレックスを削り、ホワイトキュレムが苦手なバンギラス対策として採用。ふいうち+ホワイトキュレムフリーズドライでスカーフカイオーガを倒せるのも強かった。

ちょうはつを入れることてカバルドン入りにも初手から出しやすかった。
ホワイトキュレムとのシナジーを考えてキョダイマックス個体ではなくダイアークにしてもよかったかもしれないけど、個体2個用意するのきついわ。

 

3.総括
これにて竜王戦ルールは終了。ホワイトキュレムが使えなくなり涙が出ません。普段使うことのなかった伝説ポケモンを使えるルールは面白かった。3ヶ月は長い。来月も373位目指して頑張ります!浜辺美波ちゃんが主演の映画賭ケグルイが5/12に公開されます。ギャンブルに狂う美波ちゃんも最高だ、見に行こう。

f:id:white_kanayan:20210501174826p:plain

 

 

TN:はまべみなみ

 

 

【剣盾シーズン15使用構築】マリルリの相棒を探す旅!~ホワイトキュレムしか勝たん。積み技はありえない~【最終順位773位レート1899】

f:id:white_kanayan:20210302203442j:plain

かなやんです。シーズン8以来の投稿です!

2月から3ヶ月間はランクバトルのルールが変更して、禁止伝説ポケモンを1匹まで使用可能というルールになりました。

その最初のシーズン15(2月)にて最終順位1000位以内の773位を達成しました(TN:はまべみなみ)。美波ちゃんにちなんで373位とはなりませんでしたが、十分美波ちゃんっぽい順位で嬉しいです!

f:id:white_kanayan:20210302123238p:plain

最終日に834位で撤退した結果、朝起きたら994位になっていた。1000位以内確保のため、仕事に行く前の最終戦に勝利!結果怒涛の8連勝で締め成熟したパンティパーティができた。この環境は4月まで続くため、反省点を整理するためにも、構築記事を書いて振り返ってみようぜ!

 

まず、2月から使用可能になったポケモンは以下の通り。この中から1匹まで使える。

f:id:white_kanayan:20210302123450j:plain

 

そしてシーズン15の伝説ポケモンの使用率ランキングは以下の通り。

1ザシアン(全体6位)

2イベルタル(全体 14位)

3カイオーガ(全体 17位)

4ムゲンダイナ(全体 18位)

5月食ネクロズマ(全体 19位)

6黒馬上バドレックス(全体25位)

7ゼルネアス(全体29位)

8ホウオウ(全体32位)

9白馬上バドレックス(全体34位)

10ブラックキュレム(全体49位)

11ゼクロム(全体51位)

12ディアルガ(全体53 位)

13ミューツー(全体73 位)

 

 

そして、かなやんにどの伝説ポケモンを使用するか、アンケート調査を実施した。選ばれたのは綾鷹ホワイトキュレムでした。

f:id:white_kanayan:20210301085917p:plain

 

ホワイトキュレムは第5世代ブラックホワイトで登場した、キュレムとレシラムを合体させたドラゴン氷タイプのポケモン

 シーズン15の使用率ランキングは伝説ポケモンの中では14位(全体74位)。

 

個人的な見解ですがホワイトキュレムの強い点、弱い点は以下の通り。

強い点

・C170から放たれる広範囲の技。特にサブウェポンのクロスフレイはタイプ一致を半減する鋼タイプにささる。

・合計種族値が700で一般的な680より高い、耐久もそこそこある。

・今作フリーズドライを取得。ぺリッパーに4倍弱点をつける。水タイプへの打点になる。

・特性ターボブレイズでミミッキュで止まらない、頑丈等も無効。

・カッコE。

 

弱い点

・耐性が弱点5つ、半減以下の3つで弱い。氷タイプはゲーフリを訴えるべき。

・伝説ポケモンの環境トップであるザシアンに弱い。

フリーズドライダイマックス技が威力120と弱い。

・S種族値が95でミミッキュ96、ウーラオス97、ゼルネアス・イベルタル99のため、絶妙に弱い。

・伝説同士の撃ち合いで不利対面がやや多め。

・Sを上げる技がりゅうのまい、ダイジェット(物理)であり、種族値と噛み合ってない。

・ラッキーで止まる。

・ドラゴン技を採用するとメタモンに弱い。

 

総合的に見ても、あまり採用率が高くならない理由はわかりみ。ですが、これの弱さを強さに変えることができる。スカーフを持たせたホワイトキュレムならね。

 

1.構築経緯

伝説ポケモンで3たてを狙うのは、対策が厚かったり、苦手なポケモンがいた場合のケアが得意ではないため、伝説ポケモンでも、あくまで相手を対策する1匹の一般ポケモンだと考えた。パーティー6匹で、あらゆる伝説ポケモンにも対応できるパーティーを意識した。

従ってあくまで戦略はサイクル戦、このパーティーにダイジェット、積み技はありえないwwwは必要ない。全抜き性能を求めないなら、技範囲の広いホワイトキュレムはかなり優秀であり、火力と耐久を備えた氷タイプは唯一無二の性能である。

ホワイトキュレムを主軸とした際に、伝説の中でもザシアン対策は必須。ホワイトキュレムはタイプ一致技がザシアンに無効と半減だが、炎タイプ技のクロスフレイムを覚えるため、こだわりスカーフを採用した。しかし、こだわりスカーフを持たせてザシアンの上をとっても、クロスフレイムのダメージは8割前後で対面では勝てない。

ここで8割しか入らないから諦める人類がほとんどだと思われる。8割しか入らないじゃない!8割も入るんだ!これはゴツゴツメットに2回触れれば確定で落ちるライン。ザシアンの攻撃を2耐えし、とんぼがえりが使えるポケモンとして原種ファイヤーゴツメランドロスを採用。マリルリを含めても、トップメタの伝説ポケモンの中で、ムゲンダイナが重くなるため、ヒードランで対策。ホワイトキュレムフリーズドライで倒しきれない水タイプへの対策としてカプコケコ、ここまでで重すぎる月食ネクロズマ、黒バドレックへの補間としてウーラオス(いちげきのかた)を採用した。

このようにホワイトキュレムの弱点をとにかくカバーできるように、取り巻きのポケモンを考えた。

 

2.個体紹介

マリルリ

f:id:white_kanayan:20210302174854j:plain

性格:いじっぱり 特性:ちからもち

持ち物:しんぴのしずく

実数値

H191 A112 B4 C× D116 S70

努力値

H124 A252 B4 D124

アクアブレイク じゃれつく アクアジェット ほろびのうた

調整意図

H

16n-1

A

・ダイストリーム+雨アクアジェット

無振りダイマ黒バドレックス→黒バドレックス、

H252ダイマサンダー→サンダーを確定1発

無振り黒バドレックス→バドレックスを確定1発

・ダイフェアリー+アクアジェット

無振りダイマイベルタルイベルタルを高乱数1発、珠ダメ1回で確定1発

アクアジェットで無振りザシアンの身代わりを確定1発

HB 

陽気ウーラオスのハチマキ雷パンチ確定耐え

HD

ひかえめ珠サンダーのダイサンダーをダイマ状態で確定耐え

ひかえめC2↑ゼルネアスのダイフェアリーをダイマ状態で75%耐える

臆病珠黒馬上バドレックスのアストラルビットを82%耐える

S

振りたいけど振れなかった

 

我がパーティのアイドルであり相棒。

最初はザシアン対策にB方面に厚く振って、イバンのみで対面ザシアンに対面で勝てる型を使っていた。しかしザシアンは他の処理ルートがあるため、後述するポケモンへの対策でD振りにした。

ホワイトキュレムの次にダイマックスすることが多かった。しんぴのしずくは水技の威力を1.2倍にする持ち物。ダイストリーム+アクアジェットをする際に、こだわりハチマキよりも火力がでる。耐久がギリギリのため、いのちのたまは持てないこともあり、しんぴのしずくが最適解だと考えた。

相手のダイマックスに合わせる必要があるが、ダイウォール→ダイストリーム(ダイフェアリー)→ダイウォール→アクアジェットという動きでイベルタル、サンダー、ゼルネアス、黒バドレックスなどに勝てるため、読みレベルが高ければ強いポケモン。ホワイトキュレムで殴り負ける相手に強いのが素晴らしい。

ダイウォール用の技は、ほろびのうたを採用。バトン対策はもちろん、壁張りオーロンゲを倒した後にジオコントロールを積んでくるゼルネアス、耐久ホウオウやルギアにほろびのうたを打つ動きが強かった。ダメージ計算を見てわかるように微妙に数値が足りない部分があるが、気合と愛情で対策済み。

マリルリが好きすぎて最近体型がマリルリに近づいてる🐰俺自身がマリルリになる日も近い。

 

 

ホワイトキュレム

f:id:white_kanayan:20210301090036j:plain

性格:おくびょう 特性:ターボブレイズ

持ち物:こだわりスカーフ

実数値

H201 A× B110 C222 D120 S161

努力値

H4 C252 S252

フリーズドライ りゅうせいぐん クロスフレイム ぜったいれいど

 調整意図

H

ラッキーの地球投げ4耐え

C

ダイアイス無振りミミッキュを確定1発

フリーズドライで無振りダイマランドロス確定1発、H振りランドロス低乱数1発(31%)

HD

ひかえめ珠サンダーのダイジェット確定耐え

S

最速

 

本パーティの主軸。Sは90族に伝説ポケモン多数、91族にランドロスがいるため、最速安定。これでS148のザシアンだけでなく、黒バドレックスやフェローチェも余裕で抜けている。

おくびょうで火力補強アイテムがないため、他のポケモンで削ることが必須となる。対ザシアンは後述するランドロスを後投げしてゴツメダメージを入れて気合でクロスフレイム圏内にいれる動きをする。

イベルタルのダイバーン意識でDに振ったザシアンに耐えられた時は泣いた。ぴえん。イベルタル対策のついでに耐えられる風評被害が発生したため、可能な限り削ってからクロスフレイムをうつ立ち回りを意識。ザシアン入りの構築への勝率はかなり高かった。

C170あるが、プライドを捨ててぜったいれいどを採用。ラッキー後投げが読みやすいが、基本的にヒードランでラッキーは見て、どうしようもないときにギャンブルを仕掛ける。ダイアイスの威力が130のため、この技はフリーズドライで足りない敵を倒すための意味合いの方が強い。

メタモン対策でブラックキュレムやホワイトキュレムからドラゴン技を抜く風潮がありますが、それは甘え。フェアリータイプ2匹、さらにヒードランはこの型のホワイトキュレムに圧倒的に強いため、メタモンで困ることはなかった。

選出率は体感で95%くらい。ゼルネアス、ホウオウ入りに選出しない試合があった。技はだいちのちからが欲しい場面が多かった。合体したポケモンだから技スペを8個にすべき。

 

霊獣ランドロス

f:id:white_kanayan:20210301085916p:plain

性格:わんぱく 特性:いかく

持ち物:ゴツゴツメット

実数値

H195 A166 B156 C× D101 S112

努力値

H244 A4 B252 D4 S4

じしん がんさきふうじ とんぼがえり ステルスロック

調整意図

HB 

ようきザシアンのきょじゅうざん確定2耐え

 

 ザシアンに1万回後投げした。回復技がないため、何度も繰り出せるわけではないが、ゴツメを2回発動でお仕事終了のため問題ない。
ウーラオスやエースバーンにもゴツメで削ってホワイトキュレムで仕留める動きが強かった。じしんより、とんぼがえりした回数の方が多かったまである。
がんせきふうじを外した記憶がない。こいつは面接で「潤滑油です」と言っても許される。数えてないけど選出率はホワイトキュレムに次ぐ2位。

 

ヒードラン

f:id:white_kanayan:20210301085903p:plain

性格:おだやか 特性:もらいび

持ち物:たべのこし

実数値

H193 A× B132 C150 D154 S115

努力値

H212 B44 D108 S140

マグマストーム だいちのちから ちょうはつ みがわり

 

H

たべのこしの回復効率が奇数で最大の16n+1

HD

C1おくびょうムゲンダイナのメテオビーム+ダイマックスホウ×2をたべのこし込みでほぼ耐える(確認したら確定じゃなかったわ)

 S

準速バンギ抜き

 

ムゲンダイナ、ラッキー対策。マグマストーム3連続外しでTOD負けもあったが、総合的な確率でいえば75%以上当ててくれた気がする。みがわりで壁ターンを枯らし、ちょうはつでギミックを仕込んでいる相手には強かった。
家でこいつと会うのは避けたい。

 

カプ・コケコ

f:id:white_kanayan:20210301085900p:plain

性格:おくびょう 特性:エレキメーカー

持ち物:じしゃく

実数値

H145 A× B105 C147 D96 S200

努力値

C252 D4 S252

10万ボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ ちょうはつ

 調整意図

C

エレキフィールド下ダイサンダーでH振りダイマホウオウ確定2発(マルチスケイルなしならルギアも同様)

 

でんきタイプは環境トップにサンダーがいるが、エレキフィールドであくび対策、エースバーンより速い、いちげきウーラオス、サンダーに強い点で、コケコを評価した。また、ちょうはつでホウオウ、ルギアのめいそうを止めてもらう。
パーティーで辛いカプレヒレアシレーヌ、ホウオウ、ルギアあたりの相手をしてもらった。

持ち物は、マジカルシャインをうつ機会が少ないため、いのちのたまから、じしゃく(でんき技の威力1.2倍)に変更。個人的にタイプ威力上げるアイテムすこ。相手からは、わからないし、腐りにくいから扱いやすい。
仮想敵を見ると物理型でもいい気はするが、ボルトチェンジマジカルシャインが便利すぎるし、両刀で耐久落とすのも厳しい。ラプラスまで考えてHDオボンやチョッキもなくはない。こいつの型はもう少し考えたい。それを理由に有給をとりたい。

順位3桁チャレンジの試合でホワイトキュレム抜いてコケコ選出をした結果、見事にホウオウとサンダーをぶち抜いてくれた。大一番の試合だったこともあり、家で「勇気の禁伝抜き選出だ!」って大声でいった。

 

ウーラオス(いちげきのかた)

f:id:white_kanayan:20210301085858p:plain

性格:ようき 特性:ふかしのこぶし

持ち物:きあいのタスキ

実数値

H175 A182 B120 C× D81 S163

努力値

A252 D4 S252

 

月食ネクロズマ、黒バドレックスを削り、ホワイトキュレムが苦手なバンギラス対策として採用。ふいうち+ホワイトキュレムフリーズドライでスカーフカイオーガを倒せるのも強かった。

ちょうはつの枠はカウンターを入れる人が多数だが、相手依存の技は好みではない。ちょうはつは最速のゼルネアスがほぼいないためジオコントロールを防ぐのも強く、カバルドン入りにも初手で出していける安定感〇。ちょうはつ持ちがパーティーに3匹。ホワイトキュレムが岩弱点のこともあり、ステルスロックに恐れおののいた結果か。
こいつ見てるとばつ丸君思い出すのは私だけでしょうか。

 

3.総括

全体的にディアルガアシレーヌ、カプレヒレヒードランあたりの、ホワイトキュレムで勝てないポケモンの処理が課題。しかし終盤は負ける気がしない程安定しており、もっと上にいける手応えしかない。
トレーナーネームはまべみなみちゃんにちなんで373位を目指して頑張ります。ドラマに映画に大活躍中の浜辺美波から今後も目が離せない。

f:id:white_kanayan:20210302123224j:plain

 

 

【剣盾シーズン8使用構築】マリルリの相棒を探す旅!~ハチマキ兎とメガネレンジサイクル~【最終順位974位レート1940】

 

f:id:white_kanayan:20200803134518j:plain

かなやんです!剣盾シーズン8でついに相棒ポケモンマリルリが解禁されました。その結果、剣盾で初めて最終順位3桁を達成できたため、構築記事なるものを書いてみました。よければご覧ください!

 

f:id:white_kanayan:20200803123854j:plain

1.構築経緯
今回は、はらだいこやダイジェットで積んでいくマリルリはゴリランダーで簡単に止まってしまうため、アクアジェットでエースバーンを縛れるハチマキマリルリを軸に構築をスタート。

マリルリに強いゴリランダーが環境にウホウホしているため、対策としてゴツメアーマーガアを採用。電気の一貫を切れ、マリルリアーマーガアで倒せない水ロトムに強い枠として、トリトドンに注目した。

アーマーガア、トリトドンが受け気味のサイクルのため、後続に負担をかけられる枠としてサイクル戦の鬼ヒートロトム、技範囲の広い特殊ドラパルトを採用。ここまで重めのポリゴン2、ドラパルトに強く、受けループを崩せる駒としてウーラオス(いちげきの型)を採用した。

2.個体紹介

f:id:white_kanayan:20200801162310p:plain
マリルリ@こだわりハチマキ
特性:ちからもち 性格:いじっぱり
実数値:H191 A112 B101 C× D102 S85
努力値:H124 A252 B4 C× D12 S116
技:アクアブレイク じゃれつく はかぢから アクアジェット

調整意図
H
16n-1
A
ぶっぱ
アクアジェットで炎タイプのエースバーン確定1発
H-B
ダイマ陽気珠エースバーンのダイジェット確定耐え
H-D
ダイマ臆病珠トゲキッスのダイジェット確定耐え
S
4振りポリ2 抜き抜き抜き抜き
B<D

相棒ポケモンがついに参戦!Sラインは激戦区である60族(ポリ2、アシレーヌラプラスガオガエン等)でSに降っていない個体を上からぶん殴るため、実数値で85を確保。4振り60族が実数値81のため、狙い通り上から殴れる場面が多かった。

 

特にポリゴン2はHB特化でもばかぢからで68〜80%ほど削れるため、なんで倒せないんだよ後続で削った後に自己再生される前に仕留めることが多かった。
これだけSに回しても珠エースバーン、トゲキッスに対しては、対面のダイマックス対決で勝てるだけの耐久は確保できるためS振りはオヌヌメ
AにぶっぱしながらHは16n-1の191、B<Dでダウンロード対策、美しい努力値配分となりました。かわいいすぎて禁止になり兼ねない神ポケ。

f:id:white_kanayan:20200801164327p:plain
ヒートロトム@こだわりメガネ
特性:ふゆう 性格:ひかえめ
実数値:H151 A× B128 C169 D129 S114
努力値:H204 A× B4 C228 D12 S60
技:10万ボルト オーバーヒート ボルトチェンジ あくのはどう

調整意図
HD
ダイマ臆病珠トゲキッスのダイジェット確定2耐え
S
準速60族抜き抜き、準速バンギラス抜き
B<D

毒タイプは環境に少ないため、マリルリのメジャー弱点は電気、草タイプとなる。その両方を半減で受けられ、ボルトチェンジでサイクルを回せるイケメン電子レンジ。

エースバーンはヒトムに対してはリベロで炎タイプ以外になるため、初手対面はオーバーヒート安定。タスキ以外であれば確定1発で倒せる。ゴリランダー、トゲキッス等の環境上位のポケモンに強く個人的にかなり評価が高いポケモン

選出率は圧倒的1位だったマリルリ軸とは。Sラインはパーティできつめのアシレーヌを抜けるように準速60族抜き抜きにしてたが、臆病のアシレーヌポリゴン2 にSを抜かれた時があったのは多分気のせい。ハチマキマリルリと合わせて高火力の押し付けがシンプに強い。現状マリルリのNo.1の相棒。

ポリゴン2 の自己再生に10万ボルトを連打して麻痺をお祈りするゲームを1万回した。ちなみに家のレンジは700W。

 

f:id:white_kanayan:20200803124111p:plainf:id:white_kanayan:20200804124129p:plain
トリトドン@きあいのタスキ
特性:よびみず 性格:ひかえめ
実数値:H201 A× B118 C145 D102 S59
努力値:H116 A× B236 C156 D0 S0
技:ねっとう れいとうビーム カウンター ミラーコート

調整意図
H-B
陽気ドラパルトのドラゴンアローを最大乱数以外2耐え

電気の一貫が切れてミトムに強いポケモンを探した結果たどり着いた枠。サイクル戦に適した残飯やチョッキを持たせたが、マリルリと合わせてゴリランダーを誘ってしまうため、最終的にゴリランダーに勝てるかもしれないタスキ型に落ち着いた。

以前にタスキカウンター、ミラーコートで結果を残した方がいらっしゃったため、ドン引きするレベルで読まれた。それでもフルアタ構成の多いエースバーンやパッチラゴンには刺さった。タスキ持ちだが、Sに降らず、最低限の物理耐久を確保したのは正解だった。

わるだくみ身代わり水ロトムは、すりぬけドラパを選出してない場合はスライディング降参安定。色はピンクより青派。

 

f:id:white_kanayan:20200803124048p:plain
ドラパルト@いのちのたま
特性:すりぬけ 性格:ひかえめ
実数値:H163 A× B127 C161 D95 S168
努力値:H0 A× B252 C212 D0 S44
技:シャドーボール りゅうせいぐん だいもんじ 10万ボルト

調整意図
H-B
陽気珠ミミッキュのA+2かげうちを確定耐え
ダイマ陽気珠エースバーンのダイジェット、A-1ダイアークをダイマ状態で確定耐え
ダイマ陽気ギャラドスのA +2ダイジェットをダイマ状態で確定耐え
陽気珠ドラパルトのダイドラグーンをダイマ状態で確定耐え
C
ダイサンダーで無振りダイマギャラドスを確定1発
S
最速100族抜き

まさかのBCベースのドラパルト。Hに振ってもエースバーンの珠ふいうちを耐えないため、Bにぶっぱしたという簡単なお話。S振りしなくてもほとんどポケモンより速いため、物理編重の今の環境ではB振りが生きると考えた。

「S降らずに負けた」場面よりも、「Bに降ってたから勝った」場面の方が圧倒的に多かった。

カバルドンが辛いため、流行のハイドロポンプを入れたかったが切る技がなかった。ダイストリームはマリルリとの相性がいいため、よく考えるとシャドーボールを切ることは考える余地があるわね。ふざけた調整だが、ひかめえに言って強かった性格ひかえめだけに

f:id:white_kanayan:20200801164527j:plain
ウーラオス(いちげきの型)@くろいメガネ
特性:ふかしのこぶし 性格:ようき
実数値:H175 A182 B128 C× D81 S163
努力値:H0 A252 B0 C× D4 S252
技:あんこくきょうだ インファイト ふいうち ビルドアップ

調整意図
A
あんこくきょうだでHB特化ヌオーを確定2発

テラキオンと悩んだ枠。サイクルが回せない時の、対面的な選出、受けループ対策で使用。対受けループではラッキーやハピナスとの対面を気合で作り、ビルドアップを積む。1積みあんこくきょうだでドビドイデ、アーマーガア、エアームドを確定2発にできる。いくら積まれようが、確定急所で崩せるあんこくきょうだは強い。

持ち物は火力アップアイテムなしだと、てんねんヌオーを倒せないため、くろいメガネを採用。技の3分の2が悪技のため、いのちのたまより、デメリットのないくろいメガネが合っていた珠はドラパルトにとられた。実際、無振りドラパルトが乱数1発から確定1発になる等、くろいメガネは使いやすかった。

トゲキッスに5万回受け出しされたが、H振りトゲキッスでも4割弱削ってくれるので気にならなかった。れんげきの型はマリルリと技範囲が被るため共演NG。

f:id:white_kanayan:20200803124133p:plain
アーマーガア@ゴツゴツメット
特性:ミラーアーマー 性格:わんぱく
実数値:H205 A107 B170 C× D90 S90
努力値:H252 A0 B236 C× D0 S20
技:アイアンヘッド とんぼがえり ちょうはつ はねやすめ

調整意図
S
4振りアーマーガア抜きジバコイル抜き

アーマーガアを起点にする磁力ジバコイルを意識してS20振りにして上からとんぼがえりで逃げれるようした。実際のジバコイルの素早さ調整はわからず、この調整が生きた場面はなかった。しかし、4振り?アーマーガアの上からちょうはつを打てることがあったため、20振っとくのはなくはない。

ゴリランダー後投げして受け、相手の交代に合わせてとんぼがえりをうって有利対面をつくるのがお仕事。ゴリランダーにとんぼがえりで逃げられる際に負担をかけるために持ち物をゴツゴツメットにした。

同タイプのエアームドと比較すると、とんぼがえりを覚える、ミミッキュのダイホロウのBダウンを跳ね返せる点かいいね!

マリルリと一緒に選出すると電機の一環が気になるため、電気無効で水ロトムに強いポケモン、探してます。ちくでんパッチラゴンとかなのかなあ。

3.基本選出

ヒートロトムマリルリ@1

刺さりのいいポケモンを出すだけで資本選出はないが、多かったのがこのパターン。@1はポリゴン2ドラパルト意識ならウーラオス、ミトムならトリトドン、ゴリランダーミミッキュならアーマーガア、全体的に見るならドラパルト。困ったときもドラパルト。

4.感想
気が付いたらダイジェット使うポケモンが0だったのはサイクルを意識したからか。先制技でエースバーンを縛ろうとしたが、ダイサイコで先制技を封じる個体が多いと感じた。ゴリランダー対策でアーマーガアを採用したが剣舞で押し切られたり、電気の一貫ができたりと課題は多かった。

ゴリランダーが繁栄する中で、マリルリが自由にピョンピョンさせてくれる相棒探しの旅は、まだまだ続きそうだ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

TN:はまべみなみ

※サブロムであることいいことに、ふざけて好きな女優さんにしてました。

f:id:white_kanayan:20200803125041j:plain

f:id:white_kanayan:20200803124857p:plain